家族介護教室開催!

安養園では家族介護教室を開催しました。

◎開催日時  平成30年6月13日(水)午後1時30分~3時5分

◎開催場所  大山福祉会館

◎参加人数  20名(大山北町会の皆様)

 特別養護老人ホーム安養園では、社会福祉紋別市地域包括支援センターと共同で「家族介護教室」を開催しました。この家族介護教室の目的は、社会福祉法に規定されている「社会福祉法人の地域における公益的な取組」の一つとして取組むもので、今回は、「認知症」をテーマとしました。

 当日は雨天で、気温が7度前後でしたが、20名のご参加がありました。工藤施設長の挨拶のあと、紋別市地域包括支援センターの小松認知症地域支援推進員よるOHPを使用した認知症にかかわる基礎的な講話に引き続き、安養園職員による「認知症の人の対応」についての寸劇。熱演により会場に笑いと他人事ではないことに頷いたりし、真剣な面持ちで観劇されておりました。終了後は大きな拍手をいただき職員一同ホッとしたところです。

 寸劇終了後、参加者の皆さんと認知症の理解や悩み、困りごとについて茶話会をとおして進めてきました。

 今後も継続して取り組んでまいりたいと、意を新たにしております。

寸劇1

「職員一同初めての舞台でありましたが、一生懸命演じました」

寸劇2

「亡きお祖父さん役の施設長が幽霊となり出てきたときは、会場は大きな笑いに包まれました」

寸劇3

「寸劇の終了時には演技者全員でご挨拶をいたしました。会場から沢山の拍手をいただき、一同ホッとしたところです。」

茶話会

「茶話会では、認知症や介護に関する多くの質問がありました。一つひとつ丁寧にお答えさせていただきました。」

特集記事
最新記事